HOME>特集>財産相続対策は早めに行なっておくのが吉【適切な専門家を選択】

財産相続対策は早めに行なっておくのが吉【適切な専門家を選択】

お金

相続に関する専門家について

肉親の死後などに、保有していた財産を相続することはよくあることですが、その際に発生するのが相続税と呼ばれる税金です。
納税のことを知らないままでいると、思いのほか高額な納税をしなくてはならなくなるため、あらかじめ早めに相続対策を行っておくことが必要です。また、弁護士や税理士に相談すると、有効な相続対策を提示してくれますが、最近では相続対策専門のサービス業者もあるので、そのような業者を利用するのがおすすめです。より専門的で、節税の方法だけでなく、しておくべき書類の準備などの知識も与えてくれるので、心強い味方になります。
また、身内でもめたりしないように、生前に法的な遺言書などを残しておくようにするのも大切です。

主な相続税対策方法

男性

相続される財産を把握しておく

まずは、相続されると予想される財産がどの程度あるかをしっかり把握しておきましょう。相続すべきものが不動産のみ、というような場合でも、無料で出来る簡易査定を行っておき、価値を知っておくと対策も楽になります。株や生命保険などをかけている場合、それらも合わせて計算しておきます。

生前に準備をしておく

両親の死後などにもらう遺贈よりも、生前贈与をされた方が、贈与税はかかるものの圧倒的に税金は安くなります。亡くなってから考えよう、というのではなく、相続する財産がある場合は生前に親や祖父母にしっかり確認しておき、生前贈与という形を取っておくと良いでしょう。

現金を不動産に変更しておく

相続する財産の種類は現金や株など様々ありますが、現金がたくさんある場合、その現金全てが相続税の対象となってしまいます。思い切って現金を不動産に変えてしまえば、不動産は現金以上の価値にはならないため、有効な相続税対策となります。

広告募集中